>竜馬が行く
人としての器について。
英雄とか、人気者とか、カリスマ性とかってなんだろうと最近よく考える。特に直接会った時のその人物の魅力といふやつについて。
人を引き付ける何かがあるって事なんだけど、大抵は何かの才能の表れとみてよいのだらうか。例えば会話が上手い人はそれだけで人を惹きつける事ができるけど、別にそれだけじゃないんだよなあ。
と言っても100%の人と気が合うってわけじゃないしね。

凡人は凡人状態から脱するべく意味があるのか無いのかわからない努力をするのだけど、方向性が定まっていない時点でもうダメな気がする。人と違う事をやれとか考えろとかはよく言われるけど、確かにそれも一理ある。けど根本的に違う視点を持つことができるかどうかはもう生まれにもよるし一般ピーポーは平平凡凡な家に生れついた時点で積みなのではないだろうか。どうしても人と違くなりたかったら人と違う事やらなきゃダメだね。それも意識的に。意識的に違う事やるか、自然体に己が道を行くべし。

会うとどうも魅了されちゃう人って、なんかイイ匂いでも出てんじゃねえのかな(・∀・)やっぱフェロモンだよ、フェロモン。

0 件のコメント:

コメントを投稿