Demon's Souls と Dark souls

ダクソをクリア直後に少しデモンズに浮気した。
やり比べて気になった事。

・フレームレート
お話にならないくらいデモンズの勝利。
サクサク過ぎてダクソからデモンズに戻るとヤバい。PC版のダクソが待ち遠しい。

・魔法
ダクソのステ制限、回数制限は微妙なように感じる。反面MPが無いのはとても楽。
デモンズはその真逆でMP管理がダルい。
個人的にはもうちょっと使用回数を上げてくれたらダクソのほうが圧倒的に楽しいなあという感想。使用効果とのリスク&リターンだろうか。全体的にゲームからリスク&リターンの発想を感じる。

・ターゲッティングのしやすさ
ダクソの圧勝。デモンズはやってて気づいたけど、進行方向より距離優先でタゲってしまうようで、走ってトカゲおっかけたら真後ろのモンスターをタゲってしまう事があった。ダクソやっててタゲに違和感を感じたことはあまりないな。
あと、近距離で病み村の蚊をタゲってるとカメラアングルが酷いことになる。あれが改善されると最高にいいんだけどね。

・画面の明るさ
ダクソの暗さは正直異常だと思うけど、デモンズはやり直してみたら意外にもかなり明るかった。ゲームの雰囲気もあるのでなんとも言えないが、巨人の墓場は何も知らないで凸ったら泣いた。

・ステージ構成とNPC
ダクソのステージ同士の繋がりは非常に面白い。ただNPCから買い物すんのがめんどくせえ。気になったのは炎の武器が作れるようになるのが威力の割に遅すぎるんじゃね?

・ステージ構成 篝火&エスト瓶vs草
エスト瓶にすることでいちいち草を買いに行く手間を省いたダクソは優秀。
エスト瓶の回数制限に合わせて篝火同士の距離やステージ構成もされている感じをうける。エスト瓶を補給したいけど補給すると敵が復活するんだよなあ・・・って思考になっちゃうのもリスク&リターンの心理をついているし、決して安心できないマップになっているのは面白い。

・武器強化石の入手
回数制限のある上に出現条件に制限があって逃げまくるトカゲさんはフラストレーションがたまるどころではない。マゾくても狩り続けることで石を入手できるダクソのがストレスフリーでちょうどいい。

浮気してみたらサクサク動くデモンズにかなり心がときめいたのだけど、こうしてみると結構ダクソはかなり色んな部分でデモンズより良くしようと手を加えていると思った。ただやはり、ダクソはフレームレートの低さが足を引っ張ってるなーと思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿