本を読んでいたら、下手の考え休むに似たりという言葉に久しぶりにふれて、そこで救われた。
いなくなってしまった人の時は、あのときのままずっと変わらないし、そこを考えていてもこれ以上はもう何も出ないのだ。多分、出し尽くした。

0 件のコメント:

コメントを投稿